2017年10月18日

オオルリ坊ちゃん

170926Ficedula_narcissina2261.jpg


楓の中 良いところにとまってくれたと思いましたら
光がイレギュラー 。。
オオルリ若



タグ:オオルリ
posted by Kozakura at 13:59| ヒタキ科オオルリ属

2015年06月09日

オオルリ

150609Cyanoptila-cyanomelana.jpg


オオルリ
木のてっぺんではなく 身長の2倍程度の高さの枝
近いオオルリは 嬉しいです( 相変わらずクラいですけど )


150609Cyanoptila-cyanomelana2.jpg


雄を 3羽ほど見かけました
そのうち 一羽はやっぱり木のてっぺん


150609Cyanoptila-cyanomelana4.jpg


水浴び後の乱れ羽ですが 雌は久しぶりです
一月後には 幼鳥たちも 来てくれるでしょう
お昼前に雨が降り始めたので 退散
お山の気温 14℃でした


タグ:オオルリ
posted by Kozakura at 00:00| ヒタキ科オオルリ属

2015年05月11日

オオルリ & ヒヨドリ

150510Cyanoptila-cyanomelana.jpg


オオルリ
GW中体調を崩している間に 収まるところへ収まってしまった感じのオオルリですが
このコは まだ婚活中のようでした
近場のお山を 3時間ほどお散歩


150510Cyanoptila-cyanomelana2.jpg


この鳥の好む場所からして 露出が難しいコだなぁといつも感じますが
最近の写真編集ソフトは 下手な腕をそこそこカバーしてくれるので 助かります


150510Cyanoptila-cyanomelana3.jpg


胸をはるオオルリ 足は黒くて短足
そして 黒いあごひげが可愛い
でも これは完全たる真逆光
オオルリにとっては その方が安心なのでしょう


150510Hypsipetes-amaurotis.jpg


暗い森では こんなコの真っ黒なシルエットに騙され
おおっ! と夢中で撮ってみたり 。。
でも 好みの雰囲気に撮れました
ヒヨドリだって 邪険にしてはいけません


前回 最悪の写真しか撮れなかったキビタキは 今回も飛び去る後ろ姿だけでした
ぼや〜っと見送る私を ヤマガラが頭上で笑っていました 。。
嬉しかったのは ヤブサメの声をたくさん聴けたこと
「 聞きなし 」って 初心者には混乱するだけで ほとんど参考にならないと思いますが
ヤブサメの特徴ある鳴き声は 私でも間違えることはないです
線の細い 消え入るような声なのかと想像していましたが 谷間では 反響して大きく聴こえていました
姿を見たいです


posted by Kozakura at 00:00| ヒタキ科オオルリ属

2015年04月18日

オオルリ & イカル

150416Cyanoptila-cyanomelana.jpg


機材を持ち なおかつ非力な私の足でも歩けそうなお山のコースはないものかなぁ と
ふらっと下見に訪れた境内で 偶然オオルリに出会いました
ほぼ散り終わった 桜の木


150416Cyanoptila-cyanomelana2.jpg


2羽でバトル中とあって あっという間に飛び去ってしまい 撮れたのは2カットのみですが
毎年 飛来直後のタイミングをはずし なかなか成鳥を見られなかったので
今年は 嬉しい春となりました


150416Eophona-personata2.jpg


同じ桜の木は イカルのお食事場でもあり ムシャムシャ新葉を食べておりました


150416Eophona-personata4.jpg


他にも シメ ヤマガラが 虫を捕らえる姿がみられ
桜の木は 多くの鳥たちの食料庫になっているのですね
近くから クロツグミの声
今度は 準備を整えて しっかり歩いてみようかと思います


posted by Kozakura at 00:00| ヒタキ科オオルリ属