2017年09月17日

ヒバリシギ

170827Calidris_subminuta1053.jpg


近隣の田圃で ヒバリシギ


170827Calidris_subminuta1073.jpg


偶然 シオカラトンボが写っていました


170827Calidris_subminuta1025.jpg


小さいシギは 遠目だとまだまだ迷います
見る経験を何度も重ねることが 重要なのだと
再認識します


170827Calidris_subminuta1080.jpg


お約束の上面記録
綺麗です


170827Calidris_subminuta1076.jpg


正面近い顔も面白いかな


タグ:ヒバリシギ
posted by Kozakura at 12:40| シギ科オバシギ属

2017年08月30日

オバシギ(幼)

170824Calidris_tenuirostris0493.jpg


オバシギ 幼羽


170824Calidris_tenuirostris0497.jpg


成鳥と見比べられてとても良かったのですが
こうなると 成鳥夏羽を見たい願望が
フツフツと湧いてきます


170824Calidris_tenuirostris0500.jpg


潮溜まりに来てくれて
好きなシーンで画像を残せて 嬉しいです


タグ:オバシギ
posted by Kozakura at 13:17| シギ科オバシギ属

2017年08月28日

オバシギ(成)

170824Calidris_tenuirostris0388.jpg


オバシギ 成鳥
これまでも視野には入っていたのかもしれないけど
目的を持って撮ったのは 初めてです


170824Calidris_tenuirostris0449.jpg


足に付けられたフラッグの意味を
どう読むのか 調べたりしています
位置や色、形、組み合わせで
放鳥された調査地域がわかるのですね


170824Calidris_tenuirostris0360.jpg


もう一方の 成鳥


170824Calidris_tenuirostris0361.jpg


小さな貝を捕らえていました


タグ:オバシギ
posted by Kozakura at 22:18| シギ科オバシギ属

2017年08月26日

コオバシギ(幼羽)

170824Calidris_canutus0345.jpg


2年ぶりに コオバシギの幼羽


170824Calidris_canutus0343.jpg


目的はオバシギでしたが
遠目に白く明るく輝いてくれて
嬉しい再会でした


170824Calidris_canutus0346.jpg


少々遠くて
ファイルを小さく処理すると荒れ気味になります
でも 十分サブターミナルバンドの復習ができました


170824Calidris_canutus0354.jpg


識別はさっぱりなので
質問に応えてくれる人がいてくれて 一歩前進できます
持つべきモノは 良き師匠です
謝謝


タグ:コオバシギ
posted by Kozakura at 14:02| シギ科オバシギ属

2016年09月24日

サルハマシギ

160910Calidris_ferruginea5448.jpg


サルハマシギ


160910Calidris_ferruginea5444.jpg


この鳥は 県外の遠くの探鳥地へ出かけなければ見ることができないのかな と思っていたので
馴染みの休耕田で姿を眺められたのは とても幸運でした


160910Calidris_ferruginea5528.jpg


休耕田のグリーンと 赤味の残ったサルハマシギは 絵的に好条件なはずなのですが
なかなか仕上がりはイメージ通りにならず で 編集に時間がかかりました
何かと難易度の高いシギチ
今年はこうして 初見の鳥に出会うチャンスを頂いて 兎にも角にも嬉しいです
そして シギチは中毒性が高い ことにも 少しずつ納得 。。


観察日 : 2016-9-10


posted by Kozakura at 00:00| シギ科オバシギ属

2016年09月19日

ヨーロッパトウネン

160915Calidris_minuta5672.jpg


ヨーロッパトウネン


160915Calidris_minuta5691.jpg


トウネンとの違いについて 図鑑、ネット上の画像や記述を何度も見たり読んだりしましたが
ほんのわずかな違いを自力で見極めるには かなり経験を積まなければならないようです


160915Calidris_minuta5657.jpg


体型、採餌姿勢、足の長さと細さ
嘴の形と長さ、初列風切の長さ
雨覆や三列風切軸斑と羽縁の色、コントラスト
背のV字模様
予習しただけでこれだけの項目が並びます
でも 写真に写された条件によっては いかようにも見えてしまいます


160915Calidris_minuta5684.jpg


撮っている最中は 教えて貰った個体を見逃さないようにと精一杯で 観察もなにも・・笑


160915Calidris_minuta5661.jpg


いつかは見たいと願っていただけに 大変嬉しいヨロネンでした


観察日:2016-9-15


posted by Kozakura at 00:00| シギ科オバシギ属

2016年05月28日

ミユビシギ & ハマシギ etc.

160518Calidris_alba2015.jpg


ミユビシギ
日が上って 顔に影が入ります
でもキライではない きらきらミユビ
干潟はちゃんと通えば もう少し攻略法がありそうです


160518Calidris_alba1942.jpg


ほんの少し時期が違うだけで 変化に富んだ姿
そんな姿を観るのは 面白いし時間を忘れるほど楽しい


160518Calidris_alpina2005.jpg


ハマシギ
いつものように近くまで接近してきて 綺麗な羽衣を見せてくれました


160518Calidris_ruficollis2163.jpg


トウネン
かなり遠くで 一羽だけ


160518Arenaria_interpres2037.jpg


キョウジョシギ
並んだハマシギが すっきり見えます


160518Falco_peregrinus2311.jpg


終盤 コレが現れて すべての鳥たちを追い払ってしまいました
ハヤブサ若


posted by Kozakura at 00:00| シギ科オバシギ属