2018年01月08日

ルリビタキ

171223Tarsiger_cyanurus1755.jpg


ルリビタキ 寄り道した公園にて

歩いていたら足元の暗い枯葉の中でカサカサしていたので
慌てました(ぶれ!)
“ 愛想のよい人気者 ” は キミのことね



タグ:ルリビタキ
posted by Kozakura at 12:34| ヒタキ科ルリビタキ属

2016年12月14日

ルリビタキ

161213Tarsiger_cyanurus9080.jpg


ルリビタキ 愛想のよいコでした


タグ:ルリビタキ
posted by Kozakura at 00:55| ヒタキ科ルリビタキ属

2016年12月10日

ルリビタキ




ルリビタキ雌タイプの声
地鳴きの合間に 冬でもよく鳴いていました
写真は逆光真っ黒のためボツ


タグ:ルリビタキ
posted by Kozakura at 12:22| ヒタキ科ルリビタキ属

2016年01月21日

ルリビタキ & アトリ

160114Tarsiger-cyanurusIMG_9846.jpg


愛想の良い ルリビタキ
今冬は よく出会います
そうすると 気持ちに少し余裕(?)が出るのか 写真も背景狙いにシフトしたくなります
ところが 冬枯れの林の中 絵になる構図に止まってくれるのを待つのは
忍耐・根気モード全開が必須なので お散歩モードでは太一打ちできません


160114Tarsiger-cyanurusIMG_0054.jpg


そんなこちらの心中を笑うように 間近へきてアピール


160114Tarsiger-cyanurusIMG_9986.jpg


成鳥完全体まで あと少しでしょうか


160114Fringilla-montifringillaIMG_0075.jpg


露出ミスして ss1/25 ぶれアトリ
でも これは好みのアトリ情景なのです
採餌している樹木を知りたい


160114Emberiza-rusticaIMG_9852.jpg


大好きな カシラダカ
日陰にすっぽり入るのは 小鳥も日差しが眩しいのでしょうか

松絡みのキクイタダキと 影くっきり過ぎのマヒワは あまりに悲惨すぎて ボツとしました
菊ちゃんは リベンジする気がおきませんよ 。。あのコはシンドイ


posted by Kozakura at 00:00| ヒタキ科ルリビタキ属

2015年12月21日

ルリビタキ

151218Tarsiger-cyanurus9411.jpg


ルリビタキ
とりあえず青いコに会いたくて 出かけました
暗いところがお好き
でも 綺麗な青を楽しませてもらいました


151218Tarsiger-cyanurus9403.jpg


餌付け疑惑があるので ちょっぴり素直になれない写真ですが
真偽はわからず この青いコに罪はありません
私ひとりきりだったのが せめてもの救いでしたでしょうか
そして そんな現場を見つけても 物申す勇気はないのですけどね


posted by Kozakura at 00:00| ヒタキ科ルリビタキ属

2015年02月20日

ルリビタキ

150212Tarsiger-cyanurus2.jpg


ルリビタキ
久しぶりのお山でお散歩中に 見かけました
相変わらず むすっとしていますが 可愛いです


150209arsiger-cyanurus.jpg


これは 別の場所で トラツグミに引きあわせてくれたコ
少し 青味が強い感じ


150204Tarsiger-cyanurus2.jpg


これもまた 別な場所のルリビタキ


150204Tarsiger-cyanurus.jpg


それにしても 小鳥はどうしてこうも 完璧な逆光で飛び出してくることか と思いますね


150204Tarsiger-cyanurus3.jpg


このコは こちらに興味を示していたので 大きく円を描いて順光側へ回り込んだのですが
今度はくっきり 影が差し込んでしまいました
同じ個体でも 逆光と順光では 青味の強さが違うように写るので いつも不思議だなぁと 感じます


150204Tarsiger-cyanurus4.jpg


な〜に考えてるの? と言わんばかり


タグ:ルリビタキ
posted by Kozakura at 00:00| ヒタキ科ルリビタキ属

2014年12月11日

ルリビタキ

141210Tarsiger-cyanurus2.jpg


私にとって 「 青いルリビタキ 」は 会えそうで なかなか会えないコ
なにもそんなに遠くまで行かなくても 会えそうなものだけど・・
そんな新探鳥地で ようやく 時間たっぷり遊んでもらいました


141210Tarsiger-cyanurus4.jpg


繁殖期でなくても よく鳴くのですね
餌場を守っているのか 同種で盛んに 小競り合いをしていました


141210Tarsiger-cyanurus3.jpg


ムスっとしたお顔のときが多いような気がしますが
鳴き終わりの口が 可愛いのです♡


141210Tarsiger-cyanurus7.jpg


こちらは オンナノコかな
紅一点でも 餌場争いに 果敢に立ち向かっておりました


141210Tarsiger-cyanurus9.jpg


ルリビタキの識別も 難しいです
こういうのを見て “ 何年めくらい ” とわかるほど 観察を重ねていけるといいな と思います


タグ:ルリビタキ
posted by Kozakura at 00:00| ヒタキ科ルリビタキ属