2018年08月23日

タマシギ

180820Rostratula_benghalensis9391.jpg


タマシギ 雄と雌

いささか遠いのですが
そういえば雄雌並んだ姿を撮るのは初めてで
ちょっと興奮しました


180820Rostratula_benghalensis9166.jpg


並んで水を飲む
休耕田の対角線上のコーナー
人から一定の距離を保っているからこそ
見せてくれる姿なのでしょうね


180820Rostratula_benghalensis9374.jpg


仲良く羽繕い
そして 同時に水浴びもしていました
仲睦まじいのは ほんと微笑ましい


180820Rostratula_benghalensis9015.jpg


雄は地味との定評ですけど
いえいえ 
渋いようで 光によっては黄金に映える雄の衣は
大変好ましい


180820Rostratula_benghalensis9431.jpg


どちらにせよ 少し近い距離では
草の衝立をかわして撮るのが大変です


180820Rostratula_benghalensis9349.jpg


一妻多夫の繁殖形態と言われていますが
「産卵前から産卵期の一週間はずっとペアで過ごすので
この期間は厳密な一夫一妻制の繁殖形態と言える」
という山階鳥類研究所のHPなど 読んでいるところです



タグ:タマシギ
posted by Kozakura at 00:18| タマシギ科タマシギ属

2016年08月13日

タマシギ etc.

160809Rostratula_benghalensis3775.jpg


タマシギ
もはや目だけでも写れば良しの状況
雰囲気だけ


160808Rostratula_benghalensis3610.jpg


前日 強風&一脚で撮った方がクリアに写っているのはなぜ? 笑


160808Rostratula_benghalensis3612.jpg


魅惑的です オスなのに


160809Vanellus_cinereus3829.jpg


ケリが空を飛ぶ


160808Cisticola_juncidis3600.jpg


これも強風&一脚で なんとかピントが合った1枚
遠い小さい ありえないトリミング
とても好きな鳥なので なんとか良いのを撮りたい セッカです


posted by Kozakura at 00:00| タマシギ科タマシギ属

2014年09月09日

タマシギ

140908Rostratula-benghalensis.jpg


ギャラリーの多さに怯んで 様子見していましたが
ようやく 重い腰を上げて タマシギ父子を 見に行ってきました
雛は 4羽。 長子は 少し大きくなって お父さんからちょっぴり離れて 行動していました
ちびっ子たちは まだ 親鳥にぴったりとくっついて離れません
あれだけ 寄り添われると 父親も 親冥利に尽きるでしょうね
カメラマンをきちっと警戒しながら ちびっこが飛び出すと小突いてストップをかける
たいへん賢いパパでした


140908Rostratula-benghalensis2.jpg


写真は 草かぶりに苦労して 大変 難しかったです
かなり修正を加えました


タグ:タマシギ
posted by Kozakura at 00:00| タマシギ科タマシギ属

2014年08月15日

タマシギ

140813Rostratula-benghalensis.jpg


楽器の演奏に 「艶っぽさ」は 賞賛に値する不可欠な要素なのですが
タマシギの雌は 生まれながらに それを 備えているように見えました
ハイキーな水辺の光に 重厚で落ち着いた羽色
大きな瞳に 白くくっきり流れる 切れ長のアイライン
むっちりと 丸みが魅惑的な ボディ
長く伸びた稲穂の影から その瞳で しばしばやられると
これは 誰でも惚れてしまいそうですね


140813Rostratula-benghalensis3.jpg


人に対して それほど 神経質な警戒はないようで しばらく 姿を見せて貰って
数時間待った甲斐が ありました


140813Rostratula-benghalensis7.jpg


のびのび〜
角度が イマイチです


140813Rostratula-benghalensis6.jpg


たくさんのバーダーを虜にしている タマシギ
農家さんの 苦労や理解を忘れずに いつまでも 此の地が タマシギの聖地であるとよいな と思います


タグ:タマシギ
posted by Kozakura at 00:00| タマシギ科タマシギ属