2019年02月04日

タゲリ

190113Vanellus_vanellus1853.jpg


乾田の タゲリ

ひとたび車に気を許して タゲリの方から近づき始めると
今度は こちらが迂闊に発進できなくなります
エンジン音で驚かせたくない


190113Vanellus_vanellus1864.jpg


相変わらず 土気色一色の背景
せめて 朝の光だと羽のメタリックな輝きが際立つだろうなぁ
でも早起きは苦手


190113Vanellus_vanellus1926.jpg


ツチガエルを捕えていました
案外 土の浅いところで眠っているのですね



タグ:タゲリ
posted by Kozakura at 21:46| Comment(0) | チドリ科タゲリ属

2018年11月26日

タゲリ

181112Vanellus-vanellus0586.jpg


タゲリ
立ち姿の一番美しいモノを選びました


181112Vanellus-vanellus0590.jpg


毎年 無事に会えるとほっとする鳥です

以前はもっとたくさん あちこちに居たんだよ
この鳥に限らず バードウォッチャー歴の長い方からよく聞かれる言葉です
なので 最近は会えて嬉しいのと いつまで会えるのだろうという危機感と
綯交ぜな気持ちで眺めています




タグ:タゲリ
posted by Kozakura at 11:48| チドリ科タゲリ属

2018年05月30日

雨の中のケリ

180530Vanellus_cinereus7289.jpg


ぽつりぽつり雨が降り始めた中で ケリ
この鳥 何度見てもなんとなく妙な顔をしてます(失礼)


180530Vanellus_cinereus7283.jpg


警戒の叫び



タグ:ケリ
posted by Kozakura at 22:08| チドリ科タゲリ属

2017年12月02日

タゲリ

171128Vanellus_vanellus55-3250.jpg


タゲリ 1羽のみ 
通りすがりの車窓から


171128Vanellus_vanellus55-3244.jpg


飛来当初は群れで見られても
そのうちばらけて 年が明けるとさっぱり見つけられなくなります

こんな風に 1羽でうずくまる姿なぞ
寂しくないのかと つい要らぬ人の感情論・・



タグ:タゲリ
posted by Kozakura at 22:16| チドリ科タゲリ属

2017年11月14日

タゲリ

171107Vanellus_vanellus3217.jpg


トラクターに追いやられる タゲリ


171107Vanellus_vanellus3023.jpg


次はハイタカに追いやられ 右往左往

羽の角度はもとより
進行方向を向く顔の位置、体の傾斜具合を眺めて
鳥の飛翔メカニズムを想像しています



171107Vanellus_vanellus3017.jpg


空抜けばかり
でも まずはこの地に今年も舞い降りてくれたことがとても嬉しい


171107Vanellus_vanellus3192.jpg


地面モノ
なんだか陽炎に悩まされました



タグ:タゲリ
posted by Kozakura at 14:22| チドリ科タゲリ属

2016年11月18日

タゲリ

161109Vanellus_vanellus8164.jpg


タゲリ
冠羽が短く 羽縁に白っぽいラインが見えます


161109Vanellus_vanellus8147.jpg


“ バフ色 ” という表現を図鑑などでよく目にするのですが
これまでなかなかイメージを持てずにいました
今回のタゲリ観察で 少し納得できた感じ


161109Vanellus_vanellus8198.jpg


こちらは冠羽が伸びています
風が吹いて いい感じにカールしています


161109Vanellus_vanellus8183.jpg


合計9羽の小群れ
ほとんどが冬羽1回
成鳥は行動パターンが違うのでしょうか


161109Vanellus_vanellus8085.jpg


観察日:2016-11-9


タグ:タゲリ
posted by Kozakura at 19:53| チドリ科タゲリ属

2015年11月30日

タゲリ

151126Vanellus-vanellus8649.jpg


タゲリ


151126Vanellus-vanellus8674.jpg


曇天 午後3時
冬の貴婦人は 家畜糞香しい泥土の上で ミミズを採餌


151126Vanellus-vanellus8818.jpg


美しい鳥を なるべく綺麗に撮りたくて
一人きりを良いことに 私も 泥土に身を埋めて過ごしました^^;


151126Vanellus-vanellus8808.jpg


輝く羽色を見たくて 晴天の日も会いに出かけていますが
乾田背景と陽炎に 歯が立っておりません
もう少し 田圃通いをしてみようかと思います


posted by Kozakura at 00:00| チドリ科タゲリ属