2014年12月27日

オジロトウネン etc.

141224Calidris-temminckii.jpg


オジロトウネン
図鑑やガイドブックをひっくり返して調べないと
私にとっては 違いがわからない部類のコです


141224Calidris-temminckii2.jpg


上面の色が濃いコだなぁと感じたのは 見当違いではなかったようで
トウネンに比べて “ 上面の灰褐色が濃い ” となっております


141224Calidris-temminckii6.jpg


足は 黄色
その他 “ 翼を閉じたとき 初列風切先端は尾端を越えない ” “ 尾の外側は白い ” などなど
あーむずかし


141224Calidris-temminckii7.jpg


のびのび〜


141224Charadrius-dubius.jpg


コチドリ
見ていると 小さな池にいろいろな鳥が 食べモノや水を求めてやってきます


141224Gallinago-gallinago.jpg


タシギ
暗かったのですが なんだか嬉しくて 無理やり画像処理して載せます


posted by Kozakura at 00:00| シギ科オバシギ属

2014年12月25日

シロハラ & ツグミ etc.

141218Turdus-pallidus.jpg


シロハラ
暗いところで 枯葉を引っ掻き回しているイメージのシロハラも
同種の小競り合いでは 気迫のアクロバット飛行を見せてくれました


141218Turdus-eunomus.jpg


ツグミも シロハラ同様 2羽で バトル空中戦を展開
目がビー玉のように 光っています


141218Lanius-bucephalu1.jpg


モズは 専用のテリトリーなのか 穏やかな表情
雌も はやにえをするのでしょうか


141218Eophona-personata1.jpg


高い木の上の シメを見ていたら イカルがやってきました
だんだん増えて 4 〜 5羽ほど


141218Eophona-migratoria2.jpg


脇の赤みが強いコがいるなぁと 双眼鏡で確認してみたら
コイカルでした
1週間に 別地点で2回もコイカルに会えたのは とても嬉しいですね


141218Coccothraustes-coccothraustes.jpg


撮りたいと思っていたシメは こんな感じでおしまい。。
どうもシメとの相性が よくないみたい


141218cat.jpg


おまけの ニャンコ
野良にしては 小綺麗な風貌のニャンです
どなたか 食べ物をあげているのかもしれませんね
そうそう。ここでは トラツグミを撮り逃したので また探しにいこうと思います


posted by Kozakura at 00:00| ヒタキ科ツグミ属

2014年12月22日

ウソ(デジタル画)

ウソ-デジタル画.jpg


2年前の秋に 箱根のお山でみた ウソ
細い枝が入り込んで 写真だとごちゃごちゃになりますが
絵だと 少しはこざっぱり描けます
ただし。パシャっと一瞬で撮れる写真と違って
絵は お手軽デジタル画とはいえ そこそこ時間がかかります。。
それにしてはこの出来か〜 なのですけど
でも 鳥の絵を描いているときは とても楽しいです


posted by Kozakura at 00:00| デジタル画

2014年12月16日

コイカル

141215Eophona-migratoria18.jpg


コイカルの雄を見るのは 初見です
イカルに比べて 少し小柄 そして 黒頭巾の面積が広いこと
風切先端に白斑があり 脇の淡いオレンジ色が とても綺麗です


141215Eophona-migratoria8.jpg


写真に写っている 小さな実を 休みなく食べ続けていました
あれよあれよと 実が食べ尽くされていく感じです


141215Eophona-migratoria23.jpg


写真は 露出設定が難しく また 激しい小枝かぶりに 泣かされましたが
長い時間 コイカルの動きを 追うことができて 充実の時間でした ( 感謝


141215Eophona-migratoria20.jpg


久しぶりに CFカード2枚投入して 数打ちゃなんちゃら方式で挑んだ コイカル
初めての鳥は データをゴミにするのももったいなくて
真っ暗なのや 白くぶっとんだものまで 未練たらしく眺めている次第です


タグ:コイカル
posted by Kozakura at 00:00| アトリ科イカル属

2014年12月11日

ルリビタキ

141210Tarsiger-cyanurus2.jpg


私にとって 「 青いルリビタキ 」は 会えそうで なかなか会えないコ
なにもそんなに遠くまで行かなくても 会えそうなものだけど・・
そんな新探鳥地で ようやく 時間たっぷり遊んでもらいました


141210Tarsiger-cyanurus4.jpg


繁殖期でなくても よく鳴くのですね
餌場を守っているのか 同種で盛んに 小競り合いをしていました


141210Tarsiger-cyanurus3.jpg


ムスっとしたお顔のときが多いような気がしますが
鳴き終わりの口が 可愛いのです♡


141210Tarsiger-cyanurus7.jpg


こちらは オンナノコかな
紅一点でも 餌場争いに 果敢に立ち向かっておりました


141210Tarsiger-cyanurus9.jpg


ルリビタキの識別も 難しいです
こういうのを見て “ 何年めくらい ” とわかるほど 観察を重ねていけるといいな と思います


タグ:ルリビタキ
posted by Kozakura at 00:00| ヒタキ科ルリビタキ属

2014年12月07日

セキレイ(白変種)

141205Motacilla13.jpg


アルビノというと 人間界では美しい女性のモデルさんの画を見たことがあります
色という色が 全て抜け落ちて 透き通ったような 神秘美
白化したセキレイも 雪のように真っ白で とても綺麗な鳥でした


141205Motacilla15.jpg


鳴き声や 歩き方 飛び方は ふつうのセキレイそのものです
小さくて可愛らしいくて とても目立ちます
でも 田んぼに雪が降れば 紛れてしまいそうですね


141205Motacilla6.jpg


真っ白な鳥は どうしても 白飛びを免れなく 写真の出来は 難しいものとなりました
眩く光る白と グレーの陰影バランスが出るように 少々調整してあります


【 追記 】
白変 と呼ばれる個体だそうです
アルビノ → メラニン色素欠乏のために目が赤い 白化個体
白変  → メラニン色素があり、目は黒いが体色が白い個体
勉強になりました。覚書として残します


posted by Kozakura at 00:00| セキレイ科セキレイ属

2014年12月03日

チロ



camera : iPhone  アプリ : iMovie

我が家の愛鳥チロは 毎日のように 紙切りをします
細長く切った紙を 腰に挿す行為は もともと 巣の素材を持ち帰る行為だそうです
生後1年半になる オンナノコのチロは 約2ヶ月おきに 1〜2個の産卵をします
家の中で 紙類を見つけると すっ飛んできて たくさん飾り羽を作ります
先日は 抱卵の姿勢が見られたので できれば雛を孵させてあげたいな
と。ふと思う このごろです


タグ:チロ
posted by Kozakura at 00:00| コザクラインコ