2014年08月30日

シマアジ

140828Anas-querquedula4.jpg


遠目に探したときは 霧雨のせいか 真っ黒になコに見えました
シマアジ雌


140828Anas-querquedula3.jpg


カルガモに追われるシーンもあって 体長や嘴の色の比較が 容易にできました
本で特徴を予習していても 百読は一見に如かず です
そして。 復習。
また 忘れちゃいますけどね


140828Anas-querquedula2.jpg


こういう鳥は 自分が観察の足を踏み入れることを 想像していませんでした( カモは難しい印象 )
助けてくださる方もいて ますます 未知なる世界へ・・


タグ:シマアジ
posted by Kozakura at 00:00| カモ科マガモ属

2014年08月25日

ヒガラ erc.

〜 8月前半の 在庫から 〜

140806Periparus-ater-Linnaeus.jpg


超薄暗い 水場にて
久しぶりに見たヒガラに 嬉しくて 小躍りしそうになりました
ブレていなかったのは この写真1枚です


140806Parus-minor3.jpg


可愛い シジュウカラの幼鳥たち


140806Ficedula-narcissina.jpg


キビタキも まだ若いですね


140806Turdus-cardis.jpg


気づくのが遅れた クロツグミの雌
水浴び後で ビショビショです
相変わらず 警戒心むきむき


140806Zosterops-japonicus.jpg


メジロは 大きな獲物を捕らえていました
これから 解体するのかな


140806Phylloscopus-coronatus.jpg


頭央線が見えます
センダイムシクイでしょうか


田圃を徘徊して以来 ちょっと体調を崩して のらりくらりの夏後半を過ごしています
意に反して 体弱くて イヤになります〜


140817Papilio-machaon.jpg


バスマットを干していたら キアゲハが 布団はさみにとまっていました
早く 鳥見お散歩に いきたい


posted by Kozakura at 00:00| シジュウカラ科ヒガラ属

2014年08月19日

ツバメ

140813Hirundo-rustica.jpg


タマシギ探しの合間
電線に ツバメの巣立ち雛が いました


140813Hirundo-rustica3.jpg


親鳥が側を通ると ぱたぱた 餌を催促します
この仕草は どんな鳥でも すごく可愛い


140813Hirundo-rustica4.jpg


親は 田圃を縦横無尽に飛び回り 餌を捕っては せっせと 給餌に忙しそうです
何度も飛んでくるのに 向かってくる親鳥は 速くて撮れません。。


140813Hirundo-rustica5.jpg


お〜 随分のど奥まで 押し込むのですね


140813Hirundo-rustica6.jpg


小さな蜂でしょうか 餌を貰いました


140813Hirundo-rustica7.jpg


嬉しそうな雛です
ここから飛行訓練と 自力採餌に どれくらい 日数が必要なのでしょう?
旅立ちの日まで しっかり育たないと


そして あらためて連続写真を見ていると 鳥はバックで飛べるのですね〜
あたりまえですけど おかしな事に感動してしまいました


タグ:ツバメ
posted by Kozakura at 00:00| ツバメ科ツバメ属

2014年08月15日

タマシギ

140813Rostratula-benghalensis.jpg


楽器の演奏に 「艶っぽさ」は 賞賛に値する不可欠な要素なのですが
タマシギの雌は 生まれながらに それを 備えているように見えました
ハイキーな水辺の光に 重厚で落ち着いた羽色
大きな瞳に 白くくっきり流れる 切れ長のアイライン
むっちりと 丸みが魅惑的な ボディ
長く伸びた稲穂の影から その瞳で しばしばやられると
これは 誰でも惚れてしまいそうですね


140813Rostratula-benghalensis3.jpg


人に対して それほど 神経質な警戒はないようで しばらく 姿を見せて貰って
数時間待った甲斐が ありました


140813Rostratula-benghalensis7.jpg


のびのび〜
角度が イマイチです


140813Rostratula-benghalensis6.jpg


たくさんのバーダーを虜にしている タマシギ
農家さんの 苦労や理解を忘れずに いつまでも 此の地が タマシギの聖地であるとよいな と思います


タグ:タマシギ
posted by Kozakura at 00:00| タマシギ科タマシギ属

2014年08月10日

ノジコ

140806Emberiza-sulphurata4.jpg


夏前に 高い木のてっぺんで 綺麗な囀りを聴かせてくれたノジコ
ひと月後に再会したときは 薄暗がりの薮の中で 今度は地鳴きを繰り返していました
姿も似ていますが アオジの声とほとんど一緒です
きっと 大事なテリトリーなのでしょうね
付かず離れずの 距離


140806Emberiza-sulphurata.jpg


嬉しい再会でしたが とても暗いシーンなので ブレ写真大量生産。。
次の日は 腕が筋肉痛。。(一脚使用)
可愛いノジコに会えた代償なので 筋肉痛は もちろん 我慢します


タグ:ノジコ
posted by Kozakura at 00:00| ホオジロ科ホオジロ属