2014年06月29日

アマサギ

140624Bubulcus-ibis2.jpg


お天気が急変して いつどこに雷雲が襲来するか わかりません
なんていう天気予報の日は 車に乗ったまま ご近所の田んぼ巡りです
カルガモ、コサギ、キジ、コチドリ、イワツバメ、モズ、オナガ を見た後
数羽のアマサギに出会いました


140624Bubulcus-ibis3.jpg


淡いオレンジ色が なんとも 華やいだ姿
頭部と顔周辺の朱色が 個体によって 広がりや濃さの違いが見られて 興味深い観察でした


140624Bubulcus-ibis4.jpg


小鳥と違って 大きな体格ですが 飛ばれると いまひとつ ピンが甘くなります
風に稲穂がさざめいて 美しい田園風景の中
グリーンに浮かぶ アマサギが 大変綺麗でした


タグ:アマサギ
posted by Kozakura at 00:00| サギ科アマサギ属

2014年06月24日

キビタキ

140619Ficedula-narcissina.jpg


キビタキのオンナノコ
可愛らしい顔で 鳴いているように見えますが ひっきりなしの地鳴きで 明らかに 警戒しています
警戒の標的は もちろん 自分に向けてなので 巣が近いのだろうな と思っていましたら


140619Ficedula-narcissina5.jpg


原因は このコ キビタキの雛
2メートルも離れていない枝に 飛び移ろうとして ぼてっと 地面に落っこちております
観音様の後光のように 頭の後ろの産毛がまだ 残っています
巣立ち直後でしょうか


140619Ficedula-narcissina2.jpg


こちらは 父親
雌の地鳴きとは違う ぶぶぶっ という声をたてて 母子の周辺を 落ち着きなく飛び交っています
両親とも 異常な緊迫感
キビタキファミリーには 余計なストレスをかけてしまいましたが
囀り以外の いろんな鳴き声が聴けました


140619Ficedula-narcissina4.jpg


雛を安全なところへ連れていったのか その後 母親は のんびり 水浴びをしていました


140619Ficedula-narcissina3.jpg


こちらは 別の個体
パートナーは いないようです
このコも イケメンなのですけどね


タグ:キビタキ
posted by Kozakura at 00:00| ヒタキ科キビタキ属

2014年06月22日

オオアカゲラ

140619Dendrocopos-leucotos5.jpg


昨年も 悩ませてくれた オオアカゲラの幼鳥
幼鳥時代は アカゲラと よく似ているので 何度観ても 紛らわしいコです
肩羽と お腹のあたりが いくらか くっきりした写真が撮れました


140619Dendrocopos-leucotos3.jpg


よく鳴き よく動き ドラミングも 練習しておりました
3羽ほどで 一緒に飛び交うシーンも
一緒にいたのは 成鳥? 兄弟?  観察したいことが いっぱいです


posted by Kozakura at 00:00| キツツキ科アカゲラ属

2014年06月16日

シジュウカラ & スズメ

140529Parus-minor.jpg


お口に 黄色いゴムパッキンが残る シジュウカラのこども
小枝をオモチャにして 遊んでいました
好奇心が 警戒心を上回るのでしょうね
よく動いて もう 独り立ちですね


140529Passer-montanus.jpg


スズメのコは じっとかくれんぼ
ピクリともしないまま 数十分
あまりに健気に隠れている(つもりらしい)ので 回り込んで撮るのは やめました


posted by Kozakura at 00:00| シジュウカラ科シジュウカラ属

2014年06月11日

オオタカ

140610Accipiter-gentilis.jpg


オオタカの勇姿 ただし ご当人は まったり最中
ISO 800 〜 2000  SS 1/50 〜 1/100  三脚禁止
これ以上 どうしましょう? です


140610Accipiter-gentilis3.jpg


枝が邪魔ね・・  葉がかぶっちゃってね・・ 暗いね・・
いろいろ思う事も 多々ありますが これが 私の観た オオタカの姿なのよ
と 最近は 自然に思えるようになりました
写真 という形に残す事ができるというのは 素直に嬉しいことです


タグ:オオタカ
posted by Kozakura at 00:00| タカ科ハイタカ属